コロナの影響で、

  • 自宅待機
  • 自宅勤務・テレワーク

を余儀なくされてる人も
多いですが、
この時期に「美容整形」を
申し込む人が どうやら
増えているようです。

その理由や状況について、
調べてみました。

自宅待機中に美容整形、理由は「ダウンタイム」

まず、どうして
この自宅待機中に
美容整形をしたいと
いう人が増えてるのかと
いうと、理由は簡単で、

■ダウンタイムに
 人と会わなくて済む

というコトのようです。

。。ま、整形の種類にも
よるのですが、
多くの美容整形では、
施術後に

■腫れ・むくみ・アザとかが
 残り、それが回復される
 までの期間

っていうのがあります。

それをダウンタイムと
呼ぶんですね。

普段、仕事をしてる人に
とって、この
ダウンタイムが厄介な
存在で、

  • 他の治療の理由を作ってごまかす
  • 長期休暇にプラスして休みを取ってやり過ごす
  • 治りにくい病気にかかったとして長期で休む
  • そのタイミングで会社を辞める
  • もともと派遣などの仕事に就く

など、いろいろな
工夫をして
ごまかしてる人が
多いみたいです。

ただ、これも
施術の種類にもよるのですが、

■ダウンタイムは理由をつけてごまかす

    ↓

■ダウンタイムが終わったら
 顔が変わってる

っていうコトであれば、
バレる人にはバレてしまう
可能性もありますよね。

そういった問題が勝手に解決された
状態がこの「自宅待機」と
いうコトになるので、
ニーズが高まってると
いう形なんです。

そもそも この時期に美容整形は「営業してる?」

。。で、そもそも、
今の時期に営業している
美容整形はあるのでしょうか?

たとえば、美容整形で
国内大手の
湘南美容クリニックは、
営業をしているようです。

一部の院では、
臨時休院や営業時間の
短縮なども取り入れている
ようですが、
基本 営業は継続している
模様です。

他も、いろいろ
調べてみたのですが、
美容整形のクリニックで
非常事態宣言の期間中
終日休業にしてる
院はほぼ見当たらず、

「コロナウイルスの
 感染防止に十分な
 配慮をしつつ営業」

というのが、
一般的な流れになっている
ようです。

(あくまで2020年4月
 17日の調査情報)

コロナ感染に十分配慮した営業って?

「コロナ感染に十分に
 配慮した営業」って
具体的に、どういった
営業になるんでしょうか?

。。また、湘南美容クリニックを
例に話していきますと、、

予約の調整・スタッフ数の調整

まずは基本である
「人と人との接触」を
最大限に減らすために

■予約の調整・スタッフ数の調整

を行ってるようです。

なので、ニーズは高まってる
とはいえ、混み合った空間には
しないという配慮がされている
というコトになります。

スタッフや院の感染予防の徹底

全員のマスク着用はもちろん、

「手洗い・うがい」
「アルコールによる消毒」
「院内の殺菌・清掃」

も徹底している
とのコトです。

来院者への呼びかけ

また、来院する人にも、
マスクの着用や、
感染の疑いが少しでも
ある人には、予約を
変更してもらう対応なども
されています。

状況次第では適宜対応

また、現状はそのような
形での営業ですが、状況次第では
適宜 適切な対応に切り替えていく
というコメントもあります。

施術内容の制限

また、施術によっては、
延期しているモノも
あるようです。

(内容は次のトコで
 話します)




。。これだけ徹底した
管理をしているトコロだと
行きやすいって部分は
あるかとは思います。

この時期の美容整形は、
クリニック選びも
重要だと思います。

この時期でもできる施術・できない施術

。。で、話しは
引き続き湘南美容クリニック
なのですが、

「できる施術」
「できない施術」は、
おもに次のように
振り分けられてるようです。

できる施術

  • 【ワキガ・多汗】ミラドライ
  • 【痩身ダイエット】クールスカルプティング、BNLSneo、GLP1
  • 【若返り】目の下のクマ・たるみ取り
  • 【二重】

やはり、傷や体への
負担が少ない
「低侵襲度」の施術が
メインで行われてる
ようです。

(この施術のみが
 できるというワケでは
 ありません。くわしくは
 クリニックに直接
 相談してください)

できない施術

  • 脂肪吸引
  • 豊胸術
  • 広範囲フェイスリフト

こういった
大きな侵襲度の手術は、
延期されるケースが
多いようです。

美容整形は「不要不急」?

次に、一部で
話題になってるのが、

■美容整形は不要不急では?

という話しです。

意見は2つに分かれていて、

1つは、
「不要不急でしょ」という
意見。

やはり医師やスタッフさんとの
接触はありますし、
今 急いでしなくては
いけない用事というのからは
かけ離れてるというモノ。

。。ただ、

  • 今の仕事を続けたい
  • でも整形はしたい

という人にとっては
「どうしても今したい」
って意見もあります。

これが2つ目の意見です。

いずれの気持ちも
分かるような気がします。